島根県浜田市の浜田市世界こども美術館です。

よりどりアートワールド

よりどりアートワールド

浜田市世界こども美術館収蔵品展
2007年9月8日(土)~9月30日(日)

《舞》橋本明治 1960年

《舞》橋本明治 1960年

 
《無題》オスカー・モンテス(13才)

《無題》オスカー・モンテス(13才)

『よりどり!アートワールド』は、こども美術館の多彩な収蔵品の数々を、描かれている内容に沿ってわかりやすく紹介する展覧会です。

テーマは、「自然」「動物」「人(ヒト)」、そして「遊び心」。展示室には、ピカソやシャガールなどの巨匠たち、石本正画伯をはじめとする浜田ゆかりの作家たち、現在活躍している現代美術の作家たち、そして、世界のさまざまな国の子どもたちの作品が、技法や年代、国の違いを超えて並んでいます。例えば、「人」をテーマに作品を集めた展示室には、着物姿の美しい女性像から抽象化されたユニークな顔まで、さまざまな人物たちがずらり。同じ題材が描かれていても、ひとつひとつ独創性にあふれた作品ばかりで、各作品を比較しながら観ると、たくさんの発見があるはずです。

日本画・油彩画・版画、平面・立体・・・・・・表現の仕方はさまざまでも、身のまわりの世界や人々、自分自身への「興味」、そしてそれを表現したいと思う「気持ち」は、日本画家も洋画家も、そして子どもたちにも違いはありません。それは、鑑賞する私たちにとっても共感できるものであり、展示している数々の作品からその思いを大いに感じ取ってもらえるのではないかと思います。そして、また新たな気持ちでまわりの世界や自分自身を見つめ直すことができるかもしれません。

まさに「よりどりみどり」の作品を通して、豊かで深い美術の世界をお楽しみください。

《萩咲く》 伊藤はるみ 2002年

《萩咲く》 伊藤はるみ
2002年

 
《とらのこ》 岡崎國夫 1985年

《とらのこ》 岡崎國夫 1985年

植物・動物

季節の花や鳥や魚、動物たち。私たちと共に生きるものものが展示室を埋め尽くします。三隅町出身の石本正画伯の独創的な日本画や画伯ゆかりの作家たちによる、現代的で繊細な日本画、郷土作家の色鮮やかな洋画など、みごたえたっぷりです。

《家族》パウル・クレー1918年

《家族》パウル・クレー1918年

 
《無題》オスカー・モンテス (13才)

《無題》オスカー・モンテス
(13才)

人・ひと・ヒト

世界中の子ども達による人物画と巨匠ピカソやシャガール、日本からは橋本明治、川端健生などの作家達による人物画の競演です。作品の登場人物は私たちに圧倒的な存在感で語りかけます。

《柔らかなかたち》 杉浦隆夫 1999年

《柔らかなかたち》 杉浦隆夫 1999年

遊び心

「遊び心」は子どもにも大人にも大切なもの。当館でMAYAMAXX(マヤマックス)と共同制作したダイナミックな作品や、あっと驚く秘密が隠された三島喜美代の現代アートなど遊び心いっぱいの作品が並びます。

企画展のご案内

企画展のご案内

翻訳:

PAGETOP
Copyright © 浜田市世界こども美術館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »