島根県浜田市の浜田市世界こども美術館です。

2018年 国際交流事業 交流ワークショップ

2018年 国際交流事業 交流ワークショップ

世界各国で活躍している児童美術の専門家をお招きし、浜田市世界こども美術館を会場に斬新なワークショップを繰り広げる「国際交流ワークショップ」。それぞれの国の芸術や文化にちなんだ活動を体験することで、モノづくりの喜びや表現することの大切さ、そして国際交流の重要さを感じるきっかけになってもらいたい。そして“アート”と“子ども”と“世界”をつなげられるような美術館として地域に密着した活動を続けていきたいと考えています。

フランス
France
建築美術館フラックセンター
Teaching▼
フランス文化省が国内の諸都市に芸術や建築などの作品を分散させて紹介し、地域住民にアートを親しんでもらうため建設された施設。建築図面やドローイングなど膨大な資料を収蔵しており、展覧会の他、ワークショップも多数実施している。

Teaching▼
オレリー氏
(教育普及員)
マルティナ氏
(ラトリエ指導員)

メキシコ
Mexico
メキシコ自然史博物館
Teaching▼
2018年に54周年を迎えた博物館(メキシコ市環境省管轄)。自然科学をテーマに展示を行っており、「芸術+科学」の関係を大切にしながら様々な活動を実施し、子どもから大人まで幅広い世代を対象とした事業を展開している。

Teaching▼
レイナ氏(教育普及事業コーディネーター)
フェルナンダ氏
(教育普及ガイド)

オーストリア
Austria
ズームこども博物館
Teaching▼
ウイーンの中心部にある子どものための博物館。子どもの年齢に合わせたハンズオン主体の展示、様々なワークショップが行われている。1994年に開館した施設で、子どもたちの創造力をかきたてる様々なノウハウを有する施設。

Teaching▼
クリスチャン氏
(展示部長)

チェコ
Czech Republic
スラドブナ・ピーセクこども博物館
Teaching▼
チェコ国内で最も大きい子どものための博物館。創作室も完備されており、創造性を育むための活動が行われている。ズームこども博物館との連携により展示空間を創出する等、様々な年代の子どもたちのための活動を行っている。

Teaching▼
アダム氏(館長)

フランス・メキシコ・オーストリア・チェコから6名の指導者をお招きし、延べ22回の交流ワークショップを実施。テーマは、《建築アート》《メキシコの伝統》《チェコの寓話》といったそれぞれの国にちなんだ内容をはじめ、《コラージュ》や《モノタイプ版画》などの新しい技法に挑戦する機会となりました。参加した子ども達は浜田にいながらまるで世界各国を旅しているかのような気分でアートに触れていたようです。

その他、アーティストワークショップや当館学芸員によるアウトリーチ活動など幅広い活動を展開しました。

ミニシンポジウム
2018年11月4日(日) 18:00~20:00

国際交流ワークショップ10年目を記念して、フランス・メキシコ・オーストリア・チェコの指導者の皆さんに、それぞれの美術館での活動の様子を紹介していただきました。4館の独創的な事例を紹介いただき情報交換することで、浜田市世界こども美術館が今後さらに子どもたちの造形活動支援を推進することのできる館として成長するための意見交換の場となりました。

平成30年度 文化庁 地域の美術館・歴史博物館を中核としたクラスター形成事業

文化庁

PAGETOP
Copyright © 浜田市世界こども美術館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »